339.有料プラグイン IK MULTIMEDIA社のMODO DRUMを使ってみよう♪(無料版あり) ~ドラム音源~

フィジカルモデリングのドラム音源。

おおむね、ドラム音源や、楽器の音源というのは、実際に演奏した音を録音して、それを読みこむという、いわゆるサンプラー的なものなんですね。
で、このMODO DRUMは計算処理により、音を生み出している・・・ってことでよいのかなぁ。

フィジカルモデリングって、MODO DRUMだけなのかなぁ。

さて、じゃぁ、偽物くさいのではないか?と思われるかもしれません。
ボクには、これが偽物くさいのか、限りなく本物のようなのかの判断はつきませんが、めっちゃ好みということだけはわかります。

さらに、ものすごく細かい設定が可能。

ただ、1つだけ致命的な問題があります。
CPU負荷がものすごく高い。
たぶん、ボクがもっているものの中で、一番負荷がかかるプラグインではなかろうか。

フィジカルモデリング故なのでしょうけど。

ちなみに、MODO DRUM CSという無料版、MODO DRUM SEという少し安価なグレードもあります。
しかも、CSもSEも、MODO DRUMと違うのは入っているドラムキットの数だけ。

CSが1つ、SEが5つ、通常版が13こ。

しかも、無料版のCSでも、ドラムキットを追加で購入できるそうです。
そうなると、CSをダウンロードして、どうしてもほしいものがあれば、ドラムキットを追加するという方が、賢いのかもしれない。

ところで、2022年10月16日現在、なぜかSEより通常版の方が安くなってます。
なんですか?これ。

セール?

現在、MODO DRUMは1.5になっています。
ボクが買ったときは1.0で、1.5になるときに、ドラムセットが3つ追加されているそうです。
1.0を購入した人には、3つ追加してくれないみたい・・・
そして、3つ買うよりも、MODO DRUM1.5を購入する方が安い。

どうなってるの?

基本情報

ダウンロードはこちら。

見た目はこんな感じ。

わからない言葉などが出てきたら、こちらで確認を。

MODEL


MODELの中のキットを選べば、ドラムキットが変わります。
鍵マークがついているものは、自分が所有していないキットです。

最初に書いたように、新しく追加された3つのキットはボクは持っていません・・・
まぁ、何はともあれ、音を聞いてみましょう。

よくないですか。
ボク、大好きなんですけど。

ちなみに、一番最初の音が無料版で入っているドラムキットです。

CUSTOMIZE

カスタマイズです。
ドラムキットの、キックだけ変えたい、スネアだけ変えたいというのが自由自在。
オリジナルキットが作れます。

EDIT KITをにすると、キットにないものも出てきます。

こんな感じ。

さらに、EDIT ELEMENTをすごいことになります。

こんな感じ。

ここまでできるって、すごいですよね。
ドラマーが実際にセッティングしているような感じですよね。

PLAY STYLE

スネアのたたき方、スティックの種類(しかも左右別)や、キックの踏み方まで、設定できます。

気づかれた方もおられるかと思いますが、つまりは、このMODO DRUMは、右手と左手で、MIDIの割り当てが違うんです。
細かいですね。

ROOM


部屋ですね。

部屋鳴りとかいう言葉がありますが、部屋の環境によって、音も変わってきます。
それを再現したものです。

MIXER


音量、パン、位相の反転などの調整ができます。
エフェクターもかけられます。
オーバーヘッド、ルームの音にもエフェクターがかけられます。

GROOVES

ドラムパターンもたくさん入っております。
左側でジャンルや、カテゴリや長さなどで絞込もできます。

右側のGroovesを再生すると、音が確認できますし、トラックにひっぱっていくだけで、MIDIの書き出しも可能です。

1/2×、2×でハーフテンポ、ダブルテンポにもできます。

MAPPING

MIDIの設定ですね。
C1でどの音を出すか、ということですね。

変更したものを、プリセットとして保存することもできます。

特に、音はなしです。

まとめ

すごい、の一言ですね。

キットの中身を変えるとかは、まぁ、わかるんですが、スティックの種類やら、素材やら、たたく場所やら、そんなところまで設定できるドラム音源は、これが初めてでした。
他にもあるのかもしれませんけど。

その犠牲となっているのがCPU負荷ですね。
まぁ、そこは仕方がないでしょうか。

価格

【定価】
79.99ユーロ

【セール等の価格】※全てのセールを把握しているわけではないので、参考までに・・・
2022年8月 34ドル

コメント

タイトルとURLをコピーしました