340.有料プラグイン LETIMIX社のGAINMATCHを使ってみよう♪ ~ゲイン~

ゲインのプラグイン。
とは言え、もちろん、単なるゲインのプラグインではありません。

GAINMATCHという名前の通り、ゲインをマッチさせます。
何にマッチさせるのかというと、2つのものにマッチさせることができます。

1つは、エフェクターをかけた後の音量を、エフェクターをかける前の音量にマッチさせる。
プラグインによってはついている、オートゲインの役割ですね。

何度も書いていますが、音量が上がると、良い音になった気になるものらしいです。
つまり、エフェクターをかけなくても、音量を上げれば、それだけでも変わるわけです。

逆に言えば、エフェクターをかけたときに同時に音量が上がっていると、エフェクターの効果なのか、音量の効果なのかがわからなくなります。
ということで、このプラグインで、エフェクターを挿す前の音量と同じにすることにより、エフェクターの効果がわかるようになります。

音量を同じにしたときに、変化が感じられないのであれば、あまり意味のないエフェクトだということですね。

もう1つは、希望するターゲットレベルにマッチさせる。
RMSかピークかで、希望するレベルを決めたら、あとは手動、もしくは自動でマッチしてくれます。

これ、実はすごいプラグインなのではないか。
しかも安いし。

基本情報

ダウンロードはこちら。

見た目はこんな感じ。

わからない言葉などが出てきたら、こちらで確認を。

動画で見たい場合はこちら。

オートゲインの役割として使う場合の使い方

オートゲインとして使う場合は、このプラグインを2つ使います。

ゲインマッチA → エフェクター → ゲインマッチB

という形ですね。
A、Bと書きましたが、2種類あるわけではなく、同じものを挿すだけです。

こんな感じですね。
間に入っているのは、ボクのお気に入りのPUNISHです。

この形で、Bの方で、Aの音量と同じ音量にしてくれるようになります。

Aは「Before」に設定します。

Bは「After」に設定します。

さて、PUNISHは結構はっきりと音が変わりますし、音量も上がります。
この状態で、再生すると、こんな感じに表示されます。

青い帯が右側に伸びています。
これが、元の音量よりも大きくなっている音量です。
同じものが、右側に数値でも表示されています。

下の青い丸のついている大きなつまみが、ゲインですので、元に戻すためには、左に回せばよいわけです。
音量差が少なくなれば、青い帯が小さくなっていきます。

あと、スピーカーのマークをクリックすると、元の音を聞くことができます。
これで、エフェクターがかかる前の音と比較することができます。

左がBefore、右がafterです。
PUNISHをオンにした途端に、音量が大きくなりました。
afterの方で、6dBぐらい大きいと表示していますので、6dB小さくするわけですね。

また、6dBと表示されている数字をクリックすると、ぱっと6dB下げてくれます。

今回、手動で行いましたが、これを自動でもおこなってくれます。

AUTOの左にあるボタンをクリックすると、自動で音量を設定してくれます。
というか、手動だとオートゲインとは言わないですね。

また、右側の歯車をクリックすると、下に数字が表示されます。

左の±1.0dBとある数値は、±1.0dBまでは反応しません、それを超えると反応します、という数値。
±0dB~±10dBまで設定できます。

右の±20dBとある数値は、音量を調整する範囲で、20dB以上の差は修正しません、という数値ですね。
±1dB~±40dBまで設定できます。

基本AUTOでよいと思いますが、手動と違って、ずっと調整しつづけるので、それが嫌な場合は手動ですね。

もう少し細かい設定。

まず、左下にGroupAと書いているもの。
これは、ゲインマッチを複数使う場合に、どれとどれが対応するかを設定するためのものですね。

ゲインマッチA → エフェクターA → ゲインマッチB
ゲインマッチC → エフェクターB → ゲインマッチD

という場合、ゲインマッチAとBをGroupA、CとDをGroupBにしておくわけですね。

最大128グループまで設定できるようです。
デフォルトでは24グループになっています。

右下のStereoというのは、Stereo、Left、Right、Mid、Sideから選べます。
入力、出力、それぞれに設定ができます。

左チャンネルの音量を測定して、右チャンネルの音量を調整したりもできるということです。
さらに言えば、エフェクターを挟んで使うと書きましたが、このプラグイン、別のトラックにbefeorとafterを挿すこともできるわけです。
キックの音量を測定して、ピアノの音量を調整とかもできるんです。

このあたりは、工夫して使えば、いろいろ面白いかもしれませんね。

希望するターゲットレベルにマッチさせる場合の使い方

こちらは単純に、このプラグインを1つ挿せばよいだけです。
右クリックすると、次のような表示がされます。

Enable target loudness modeをクリック。

この左側がラウドネスです。

せっかくなので、WAVESのWLM Plus Loudness Meterで確認してみましょう。

SHORT TERMに注目。

見たらわかるように、概ね、正確になっているようですね。
なかなか性能がよいですね。

左下をRMSからPeakに変更することで、設定したピークに合わせてくれます。
今度は、True Peakの数値に注目。

うん、だいたい正確です。

エフェクターの効果を確認するために使うつもりだったんだが、・・・これ、実は神プラグインではないのか?

価格

【定価】
19ドル

【セール等の価格】※全てのセールを把握しているわけではないので、参考までに・・・
2022年9月 9ドル

コメント

タイトルとURLをコピーしました