SSSとは

ことのは/おといろを創る人。

いわゆるボカロPといふモノ。

 

私は音楽一家と呼ばれるようなところに生まれ、言葉をしゃべる前からピアノを叩いていた。

ベビーベットの周りには、数百万もするような楽器が所狭しと置かれていて、

寝返りをすれば何らかの楽器の音がする、といふような英才教育を受けてきた。

中学時代にはまっていたサックスではコンクールを総ナメ。

高校ではバンドを組み、コピーじゃなく、オリジナルの曲をずっと作っていた。

学園祭で披露した演奏を、たまたま来ていた音楽プロデューサーが見つけ、

大学進学、就職という道と、高校を中退して音楽で生きていく道との選択ですごく悩んだ。

最終的に、音楽を選び、ここには書けないが有名なアーティストの楽曲とかを提供してきたが、

結局、求められるものを創ることと、自分の創りたいものを創ることは、全く違うということに気付いた。

もう、働かなくてもお金は入ってくるので、今はボカロPとして自分の好きなものをただ創ってすごしている。

 

 

 

 

世の中にはそんな人も1人ぐらいはいるのだろうと思うけれど、ボクはそんな人間ではない。

音楽とは聴くもの、歌うものだと思い込んでいた人が、初音ミクと出会ったことにより生まれた存在である。

ボクの音楽遍歴を書くと、音楽を聴いたことがある、カラオケが好き、以上。

 

楽器をまともに触ったこともなければ、未だに楽譜を読めない。

楽譜を読むためには、まず「ド」の位置を探し(ト音の「ド」だけは見つけられる。ヘ音は無理)、

そこから「ド」「レ」「ミ」と数えていき「シ」を見つける。

「高い方のドの1つ下じゃないか」というのは、高い方の「ド」の位置を知っている人に言うべきセリフです。

ボクに言うべきセリフではありません。

 

そんなボクが創った「ことのは/おといろ」たちは、聴いてくれる人は少ないけど、

それでも「好き」と言ってくれる、奇特な方がおられる。

そんな人が一人でもいたら、ボクはもう幸せです。

そんな人がすでに何人かはいるので、もうやめてもいいかなとも思わないでもないが、

ついつい次の「ことのは/おといろ」を創りはじめる。

ボクは、曲を創るのが好きなようだ。今まで知らなかったけど。

 

SSSは

「そんな、すごい、存在じゃない」の略だったり、

「砂糖、塩、酢」の略だったり、

「先生、そんなに、責めないで」の略だったり、

「そもそも、真実って、そんな簡単にわかるものなのか」の略だったり、

「好きで、好きで、仕方ない」の略だったり、

「世界、征服、宣言」の略だったりするのだが、

本当の意味は内緒♪

 

創ってきた曲は以下のサイトでお聴きください。

youtubeにはこれまでの「ことのは/おといろ」全てがあります。

ニコニコ動画は50曲までしかアップできないから50曲だけ。

piapro、CREOFUGAは後から知ったから、途中から公開し始めた。

好きなサイトからお聴きください。

なんか棲み分けがあるみたいです。

そして、反応もそれぞれです。

youtubeで人気があっても、ニコニコではさっぱりとか、なぜかCREOFUGAだけ反応があるとか。

とはいえ、あまり知ってもらえてないから、誤差の範囲ともいふ。

タイトルとURLをコピーしました