298.有料プラグイン WAVES社のEddie Kramer Drum Channelを使ってみよう♪ ~ドラムエフェクト~

Eddie Kramerという有名な方がおられるそうです。
その人が、ドラムはこんな感じにするとよいぞ、という風に設計したのが、このプラグインらしいです。

基本情報

ダウンロードはこちら。

見た目はこんな感じ。

わからない言葉などが出てきたら、こちらで確認を。

基本的な設定

そんなに難しくないです。

まずは、真ん中のボタンで、BD(バスドラム/キック)、SNR(スネア)、HH(ハイハット)、TOMS(タム)、OH(オーバーヘッドマイク)、ROOM(ルームマイク/アンビエンス)のどれを調整するのかを決めます。
すると、それぞれで最適なCOMPRESS(コンプ)、GATE(ゲート)、TREBLE(高音)、BASS(低音)の設定が表示されます。
つまり、このボタンを押した状態がEddie Kramerさん的プリセットです。

ちなみに、HHを選ぶと、COMPURESSとGATEはつまみ自体がグレーアウトして、設定できないようになります。
このあたりも、Eddie Kramer的、いらないつまみなんでしょう。

で、SENSITIBITYというのがよくわかんないやつで、その設定状態で、入力音から判断し、エフェクトをちょうどよくしてくれるつまみのようです。
Eddie Kramerさんを信じるのであれば、そして、このプラグインを信じるのであれば、緑に光っているときが、まぁ良い状態、黄色は良い感じ、赤はかなりきつめ、ということです。
まぁ、好みですね。

SENSITIBITYというのが、いわゆる入力ゲインかなと思ったのですが、そうではなく、設定を変えると、また、色が変化します。
だから、設定を変えたら、SENSITIBITYのつまみを動かす、という感じですね。

さらによくわからないのが、FXのつまみ。
これは、エフェクトのかかり具合のつまみのようなのですが、こちらは、動かしても、SENSITIVITYの色が変化しません。
Eddie Kramer的にはSENSITIVITYでバランスをとるけど、うっすらかけるか、がっつりかけるかはキミ次第だよ、ということでしょうか。
難しいです。

キック

スネア

ハイハット

タム

オーバーヘッド

ルーム

最後に、全部をバイパスと比較してみましょう。

Eddie Kramerさんを信じるかどうかはさておき、劇的に音が変わりますね。
これ、なかなか使えるんじゃないか?
設定もそんなにややこしくないですし。

価格

【定価】
99ドル

【セール等の価格】※全てのセールを把握しているわけではないので、参考までに・・・

2021年11月 29.99ドル
2022年2月 29.99ドル

WAVES社の他のプラグインはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました