299.有料プラグイン WAVES社のElectric Grand 80 Pianoを使ってみよう♪ ~エレクトリックグランドピアノ~

WAVESにしては珍しい音源のプラグイン。
YAMAHAのCP80という実機の音を収録しているらしいです。

基本情報

ダウンロードはこちら。

見た目はこんな感じ。

わからない言葉などが出てきたら、こちらで確認を。

音の設定

上下2段になっていて、下の段が音自体の設定、上がエフェクターになっています。

Vel Curveはベロシティカーブ。

Fromantは音の低音、高音を調整します。
ピッチは変更せず、どの倍音を増やすかが変わるようです。

Mainは、ピアノそのものの音量。

Key Upは鍵盤を離したときの鍵盤の戻る音?
・・・いらない。

MECHは機械の音?
実機がそんな音がするのかな?
・・・いらない。

PEDALはペダルを踏んだ時の音?
・・・いらない。

COMPはコンプ。

SUSTAIN RESONANCE
サステインペダルを踏んだときの弦の共鳴のシュミレーションとのこと。
・・・が、サステインペダルの設定が全く見つからなかった。
クソ探して、オートメーションの中にあった。
今まで知らなかったんだけど、つまみがなくても設定できるものが他にもあるのか?

ちなみに、Studio Oneの場合は、ベロシティとか設定する画面のところでも追加できるらしい。
知らなかったぞ、おい。

BASSは低音、MIDは中音、TREBLEは高音。

VOLUMEは、MAINだけじゃなくて、それ以外もすべて含んだ最終の音量。

LIMITはリミッターらしいけど、あまり効いている感じがしないんだけど、なんだろうなぁ。

エフェクターの設定

左から、トレモロ、オートパン、フェイザー、コーラス、リバーブ。
各エフェクターの説明はカットします。

さすがにエレクトリックなだけあって、単なるグランドピアノと違って、楽しいですね。

価格

【定価】
79ドル

【セール等の価格】※全てのセールを把握しているわけではないので、参考までに・・・

2021年11月 29.99ドル
2022年2月 29.99ドル

WAVES社の他のプラグインはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました