iZotope社のOzone9のエフェクターを使ってみよう♪

iZotope社のOzone9は以前、紹介した。

Ozone9と言えば、AI!
全自動!

ということで、そのことだけ書いたのですが、Ozone9はエフェクターの集合体でもあります。
エフェクターの種類や設定を自動で行ってくれるのですが、どうも、全てのエフェクターを使っているわけでもない。

そして、使われていないエフェクターの中では、単体でも結構、性能がよいものもたくさんあったりするので、一つずつ見ていこうと思います。

ozone9にはElements、Standard、Advancedの3つがあり、入っているエフェクターの種類や機能にも違いがあります。

また、Advancedだけはエフェクターを単体で使えます。
あとの2つはOzone9の内部で挿す形になります。
そのあたりは注意が必要ですね。

Ozone9の内部で挿せるのであれば、別に構わないじゃないか、と思うかもしれませんが、違いは挿せる数です。
Ozone9の内部では、使用できるエフェクターは1つにつき1回となります。
例えばコンプを2回かけるとか、マキシマイザーを2回かけるとか、そういうことができないということです。
逆に言えば、単体で使用できるAdvancedではできる(Ozone9の内部で使用する場合は、Advancedも1つにつき1回)ということです。

なお、EQだけはポストEQとして、2回使用はできるのですが、これはStandard以上のようです。

ちなみに、このページでは、Elements、Standard、Advancedを、E、S、Aで表記しておきました。
ただし、入っているかどうかだけで、入っていてもElementsの場合、ない機能などもあります。
公式に比較が載っているので、確認しましょう。

ここの「機能を比較する」というところに載っています。

ということで、このページは目次です。

Ozone9 Match EQ(S,A)

Ozone9 Master Rebalance(A)

Ozone9 Low End Focus(A)

Ozone9 Maximizer(E,S,A)

Ozone9 Imager(E,S,A)

Ozone9 Equalizer(E,S,A)

Ozone9 Vintage Compressor(S,A)

Ozone9 Vintage EQ(S,A)

Ozone9 Vintage Limiter(S,A)

Ozone9 Vintage Tape(S,A)

Ozone9 Spectral shaper(A)

Ozone9 Dynamic EQ(S,A)

Ozone9 Exciter(S,A)

Ozone9 Dynamics(S,A)

Tonal Balance Control plug-in(A)

コメント

タイトルとURLをコピーしました