617.有料プラグイン BRAINWORX社のSPL IRONを使ってみよう♪ ~マスタリングコンプ~

AMEK Mastering Compressorを紹介したので、マスタリングコンプをもう一つ。
SPL IRONです。

これは、SPL社のIRONという実機をプラグインにしたもののようですね。
いろいろとつまみがついていますが、AMEKよりはシンプルでしょうか。

基本情報

ダウンロードはこちら。

見た目はこんな感じ。

わからない言葉などが出てきたら、こちらで確認を。

INPUT・OUTPUT・THRESHOLD

THRESHOLDを右に回せば、コンプがかかっていきます。

が、IRONはレシオがありません。
このコンプ、スレッショルドを上げていくと、圧縮が強まります。
さらに、INPUTを上げると、圧縮が強まります。

つまり、THRESHOLDやINPUTは圧縮を始める音量を設定するためだけでなく、圧縮量を設定するものにもなっているわけです。

ちなみに、INPUT・OUTPUTは+、0、-のつまみがあるので、気をつけましょう。
デフォルトでは、INPUTは0になっています。


 

ATTACK・RELEASE

アタックとリリースですね。
左がfastで、右に回すとslowですね。
感覚的には逆ですが、このあたり、どう決めてるんでしょうね。

アタックとリリースの設定は、かなり、影響が大きいですね。

Tube BIAS

真空管の電圧設定らしいです。
電圧云々はさておき、LowよりMid、MidよりHighの方が圧縮が強まるそうです。

圧縮量が小さい場合も多少は変化しますが、圧縮量が大きいときは、変化も大きい感じです。

RECTIFER

整流器の種類だそうです。
はい、わかりません。

それはさておき、どれを選ぶかで、アタックタイム、リリースタイムの設定が変わるようです。
さきほどの、ATTACK、RELEASEに数値が書いていないのは、そのためのようです。

マニュアルに、設定が全部書いていますが、単純に、アタックとリリースが速いのはどれ、ということではなく、これはアタックもリリースも速いとか、これはアタックが速いけどリリースが遅いとか、fastとslowの差が小さいとか、色々みたいです。
マニュアルとにらめっこするか、感覚で決めるか、どちらかですね。

たしかに、ずいぶんと変わりますね。
便利といえば便利。
面倒といえば面倒。

SIDE CHAIN EQs

コンプに反応する周波数等を設定します。
IRONの場合、設定ではなく、4種類のEQカーブから選択する形になっているようです。
これまた、マニュアルに載っているんですけど・・・

EXT.は外部サイドチェーンです。

たしかに、ずいぶん変わってきます。
マニュアル見る派ですか?感覚派ですか?

Auto Byp

自動的に、バイパスと切り替える機能みたいです。
面白い機能ですね。

基本的にはオフになっているのですが、つまみを上にあげると機能します。
Host Syncにすると小節単位、一番上にあげると時間単位になるようです。

で、どれぐらいの速さで切り替えを行うかがIntervalで、右に回すほど、ゆっくりになります。

今更ですが、真ん中のオレンジのランプが電源だったみたいですね。

AirBass/Tape Roll-off

端的に言えば、EQですね。
AirBassにすると、低音、高音が強調されます。
Tape Roll-offにすると、逆にカットされます。

ちょっとした味付けですね。

ちなみに、どうでもいいですが、右上のUIで色を変えられます。
たぶん、実機に合わせたんでしょうが、色が3種類あります。

SC Link

このコンプは、基本的にデュアルモノらしく、設定が同じでも、左右の音に別々でコンプがかかっています。
SC Linkのつまみを上にあげると、左右同じようにコンプがかかるようになります。

左右の設定を変えるやつじゃないです。
設定は同じです。

左右で別の音源を流して、聞いてみましょう。

これだけ違う音だと針のふれ方の違いがわかりますね。
ドラムだとわかりにくかったんですけど・・・

Brainworx特有の機能

下の部分にBrainworx特有の機能などが並んでいます。

TMT・Mono Maker・Auto Listenについてはこちら

他にもPARAMETER LINKをオフにすると、左右で設定を変更できます。
M/Sをオンにすると、L/RからM/Sに変更になります。

あとは、まぁ、だいたい書いている通りの機能です。

まとめ

シンプルなようで、かなり、細かい設定ができますね。
特に、アタック、リリースについては、ある種、別のコンプがいくつも入っているようなものですからね。

使いこなしたら、かなり便利な気がします。

価格

【定価】
299ドル

【セール等の価格】※全てのセールを把握しているわけではないので、参考までに・・・
2024年5月 39.99ドル
2024年6月 29.99ドル(Plugin Allianceさん)

Brainworx社の他のプラグインはこちら

コメント