278.有料プラグイン WAVES社のInfected Mushroom Pusherを使ってみよう♪ ~マルチバンドソニックエンハンサー・リミッター・クリッパー~

簡単に言えば、音圧マシマシプラグイン。
名前になっているINFECTED MUSHROOMというエレクトロニックミュージックデュオが監修しているみたい。

WAVESの最近のプラグインって、ちょっとイイ感じな気がする。
とりあえず、好きなところに挿しとけプラグイン。

基本情報

ダウンロードはこちら。

見た目はこんな感じ。

わからない言葉などが出てきたら、こちらで確認を。

LOW

低音域ですね。
右下のIN/OUTはいわゆるON/OFFです。
このプラグインのIN/OUTは全部同じです。

つまみを回すと、倍音が付加されていきます。

で、LOWだけは、真ん中にD1書かれたのがあります。
これは、LOW処理の開始位置だそうです。

D1=37Hz
D#1=39Hz
E=41Hz
F=44Hz
F#=46Hz
G=49Hz
G#=52Hz
A=55Hz
A#=58Hz
B=62Hz
C=65Hz
C#=69Hz
D2=73Hz
D#2=78Hz

という設定だそうです。

HIGH・BODY

HIGHが高音域、BODYが中低域。

MAGIC


LOW、BODY、HIGHが各バンドだったのですが、MAGICは全周波数が対象です。
ダイナミクスブーストとエキサイトメントの量の設定。

横にFOCUSとDYN PUNCHがあります。

FOCUSは中高音域のダイナミクス、DYN PUNCHはパンチと歯切れの良さの設定。

PUSH

下のMODEにCLIP、LIMITと書いているように、クリッパー、リミッターですね。
切り替えて使用する感じですね。

INPUT・OUTPUT・STEREO IMAGE


特に説明の必要のないやつ、なんですが、敢えて最後にしたのは、理由があります。

INPUTの真ん中にLEDがついていて、緑がOK、黄色がベスト、赤が過激という感じを教えてくれます。
WAVESのプラグインで、誰かが監修しているやつは、このパターンが多いんだけど、INPUTにLEDがついているんですね。
つまり、設定をした上で、最後のエフェクトのかかり具合のINPUTで調整するようですね。

うん、音が大きくなるだけで、曲がよくなる錯覚が起きますよね♪
錯覚じゃ、ダメなんだけど。

価格

【定価】
79ドル

【セール等の価格】※全てのセールを把握しているわけではないので、参考までに・・・
2022年4月 29.99ドル

WAVES社の他のプラグインはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました