377.有料プラグイン Brainworx社のSPL De-Esser Collectionを使ってみよう♪ ~ディエッサー~

De-Esser Collectionと、コレクションという名前がついているように、The Classic De-EsserとThe Dual-Band De-Esserという2つのプラグインのセットらしいです。

どちらも、SPL社の実機のモデリングのようです。

このプラグインのすごいところは、歯擦音を圧縮したり、抑えたりする方法ではなく、位相差により低減するシステムをとっていることだそうです。
位相差による低減ってのがよくわからないけど、位相を反転させて消す感じなのでしょうか。

イヤホンとかのノイズキャンセリング的なやつでしょうかねぇ、きっと。

位相についてはこちら。

ここ(↑)にも書いていますが、位相が反転している音を同時に聴くと音が消えるんですね。
そういうことでしょうか。

基本情報

ダウンロードはこちら。

見た目はこんな感じ。
The Classic De-Esser

The Dual-Band De-Esser

わからない言葉などが出てきたら、こちらで確認を。

■The Classic De-Esser

ACTIVE・AUTO THRESHOLD・MALE/FEMALE・S-REDUCTION

ACTIVEが電源ですね。

AUTO THRESHOLDは、入力音量が変化しても、ディエッサーの反応が変わらないように調整してくれるらしいです。
ボタンがある理由がよくわかりません。
これって、ずっとONでいいんじゃないの?と思いますけど。

MALE/FEMALEは、男性と女性の切り替え。
OFFの時はMALE、ONの時はFEMALE。
実際の性別というよりは、歯擦音認識の中心周波数がMALEだと6.4kHz、FEMALEだと7.2kHzになるそうです。
音を聴いて選択すればよいのだと思われます。

S-REDUCTIONで、歯擦音のリダクション量を決めます。

実質的には、MALE・FEMALEの選択と、S-REDUCTIONの設定ぐらいですね。

自然な感じですね。

■The Dual-Band De-Esser

POWER・MALE/FEMALE・HIGH S-REDUCTION・LOW S-REDUCTION


POWERが電源ですね。

AUTO THRESHOLDはこちらにはないようです。

MALE/FEMALEの設定は、The Classic De-Esserと同じのようです。

HIGH S-REDUCTIONの帯域幅は3kHzです。

LOW S-REDUCTIONの帯域幅は1.44kHzです。

The Classic De-Esserの方の帯域幅はマニュアルに書いていなかったですが、こっちが3kHzと1.44kHzに分かれているということは、クラシックの方は1.44kHzより3kHzあたりまでをリダクションしているということでしょうか。

まとめ

ミクさんがモノラルだったので、確認しなかったですが、どちらもMとSで別で設定ができます。

さて、どちらも自然な感じで、歯擦音を減らしてくれます。

2つセットになっていますが、The Dual-Band De-Esserだけでもいいんではないでしょうか。

価格

【定価】
149ドル

【セール等の価格】※全てのセールを把握しているわけではないので、参考までに・・・
2022年11月 29.99ドル
2023年1月 24.99ドル
2023年4月 14.99ドル
2023年5月 19.99ドル(クーポン使用時)
2023年6月 29.99ドル
2023年7月 20.5ドル
2023年8月 29.99ドル(2つ買うと2つ無料)
2023年12月 24.99ドル(Plugin Allianceさん)
2024年2月 9.99ドル(Plugin Allianceさん)
2024年5月 39.99ドル(PluginAllianceさん)

Brainworx社の他のプラグインはこちら

コメント