367.有料プラグイン BRAINWORX社のBlack Box Analog Design HG-2 MSを使ってみよう♪ ~サチュレーター~

以前、Black Box Analog Design HG2を紹介しました。

その、LR、MSを別でエフェクトをかけられるようになった、HG-2 MS。
プラス、ちょっとだけ機能が増えていますね。

そして、こいつはやっぱりすごいやつだった。

ちなみに、名前にbxがついていないので、これも実機のモデリングですね。
BLACK BOX ANALOG DESIGN社のHG-2という実機らしいですね。

基本情報

ダウンロードはこちら。

見た目はこんな感じ。

わからない言葉などが出てきたら、こちらで確認を。

音の流れ

このプラグインには、4種類の倍音付加の機能があります。
それぞれ、SATURATION、ALT TUBE、PENTODE、TRIODEで調整します。

SATURATIONは12AX7真空管らしく、それが2種類ある(ALT TUBEのON、OFFで切り替え)。
そして、SATURATIONの方は、フィルターで倍音を付加する周波数を設定できる。

PENTODE、TRIODEは6U8A真空管らしく、PENTODEが五極管、TRIODEが三極管を調整する。
PENTODEとTRIODEは直列でつながっているので、PENTODEを上げると、TRIODEのエフェクトも強くなる。

真空管についてはよくわからないのですが、そういうことらしい。
間違っているかもしれませんけど。

以前、HG-2を紹介したときには勘違いしていた部分があるみたいです。
マニュアルにパラレルサチュレーションと書いていたので、てっきり、下のようになっていると思っていました。

    →SATURATION
入力 →          → 出力
    →PENTODE →TRIODE 

とにかく、PENTODEとTRIODEが直列というのはわかっていたので、パラレルってことは、こういうことでしょう、と。

でも、実際は、こうでした。

    →SATURATION
入力 →       →PENTODE →TRIODE → 出力
    →ALT TUBE

ALT TUBEはつまみはなく、SATURATIONがALT TUBEとALT TUBEじゃないものの2種類あるという感じです。

どれを使うかの選択


では、これらのうちのどれを使って、どれを使わないかの選択がこちら。

IN 
入力 → SATURATION → PENTODE → TRIODE → 出力

IN + ALT TUBE
入力 → SATURATION(ALT TUBE) → PENTODE → TRIODE → 出力

IN + SOLO 
入力 → SATURATION → 出力

IN + SOLO + ALT TUBE 
入力 → SATURATION(ALT TUBE) → 出力

OUT(IN/OUTをオフ)
入力 → PENTODE → TRIODE → 出力

つまり、
SATURATIONとSATURATION(ALT TUBE)は同時に使用できない。
PENTODEとTRIODEは片方だけを使用することはできない。

ということになります。

前置きが長くなりました。
気になったから、調べたり、いじったりしながら、確認していってわかったことですが、そもそも真空管をよく知らないので、あっているかどうかもわからない。
そして、結局、音を聴かないと、実際のところどうなのかは全くわからない、という、意味があったのか、なかったのか、わからない時間となりました。

SATURATION

SATURATIONのつまみを回せば、倍音が付加される。
隣のフィルターは、真ん中だとフィルターがかかっていない、つまりバイパス。
線の形の通りですね。

これは、サチュレーションをかける部分を決めるためのフィルターですので、元の音をカットするとかブーストするとかではないです。
ただし、SOLOにすると、SATURATIONしか通らないので、元の音もカット、ブーストされます。

ALT TUBEをONにすると、ALT TUBEに変わる。

PENTODE・TRIODE

こちらは、ただ、つまみを回すだけです。
最初の方に書いた通り、PENTODEのあとで、TRIODEの方だから、PENTODEを大きくすればするほど、TRIODEのエフェクトのかかり具合は強くなります。

AIR AMOUNT

高音域をブーストする感じでしょうか。
ちょっと明るくなります。

PARAMETER LINK・M/S

PARAMETER LINKをOFFにすると、LとRで別の設定が可能になります。
M/SをONにすると、LRがMSに切り替わり、MidとSideで別の設定が可能になります。

た、たのしい。

TMT・DENSITY・CALIBRATION・MONO MAKER・STEREO WIDTH・PARALLEL MIX・OUTPUT

ここは、実機にないBRAINWORX仕様ですね。
いつものやつです。

TMTは通るミキサーによる微妙な差異をモデリングしたもの。

DENSITYは、ラウドネスを維持しながら、入力ゲインを上げていく。

CALIBRATIONは高音域を調整してくれるらしいが、本当に微妙な差。

MONO MAKERは、設定した周波数以下をモノラルにしてくれる。

STEREO WIDTHは音の広がり。

PARALLEL MIXは、いわゆるミックス。

OUTPUTはアウトプット。

TMTやCALIBRATIONは意識して聴くと、確かにそうかな・・・ぐらいの差異ですね。

まとめ

BLACK BOXという名前の通り、結局何が行われているのかよくわからんけど、音が太くなります。
本当によくできていますね。

マニュアルによると、これを購入すると、HG-2も手に入ると書いているんですが、ボクは、HG-2をすでに手に入れていたので、ホントかどうかわかりません。
どうなんでしょうね。

価格

【定価】
329ドル

【セール等の価格】※全てのセールを把握しているわけではないので、参考までに・・・
2022年12月 5400円

コメント

タイトルとURLをコピーしました