257.有料プラグイン WAVES社のWaves Tune LTを使ってみよう♪ ~ピッチ補正~

Waves Tuneの簡易版です。
Waves Tuneと全く同じインターフェイスですが、使用できない部分がグレーアウトしています。

とは言え、ピッチ補正だけはできます。

なんで、このプラグインだけ、Wavesと銘打っているのでしょうね。
Tuneだけになっちゃうからでしょうか。

基本情報

ダウンロードはこちら。

見た目はこんな感じ。

わからない言葉などが出てきたら、こちらで確認を。

ピッチ補正

まず、このプラグインを使う前提として、一度、補正するボーカル音源を再生する必要があります。
再生すると、画面に表示されます。

オレンジがピッチ補正。
ということがわかれば、まぁ、それで良いのですが。

虫眼鏡にして、クリックすれば拡大、Altを押しながらクリックすると縮小。
Select Allで、音声データを全て選択。
Clear Selectionで、読み込んだ音声データを削除。

両側の矢印は「前に戻る」「先に進む」。

Auto ScrollはONになっていれば、音源に合わせてスクロールする。

 

細かなピッチ補正

 

この3つは、ピッチ補正した後の、前後とのつながりの調整のためのものです。

Speedは補正速度。ピッチの変化を修正する速度。
Note Transitionはピッチの繋がりの部分が変化する速度。
RatioはSpeedとNote Transitionで設定したものをどれだけ適用するか。

 

その他の調整

 

Referenceは、一括したピッチ調整。調整というより補正ですかね。
ただし、ここを変更したあとは、一度読み込んだデータを消して、もう一度取り込む必要があります。

Formantは、ピッチを変えた部分を不自然にならないように、Formant補正をするかどうか。

下のSegmentationは、設定すれば、そのスケールで使わないキーを示してくれます。

ピッチの調整はだいたいこれでできます。
ただ、タイミングの調整はできないんですよねぇ。

それが残念、というか、LTですからねぇ。

価格

【定価】
99ドル

【セール等の価格】※全てのセールを把握しているわけではないので、参考までに・・・

2021年11月 24.99ドル
2022年3月 29.99ドル

WAVES社の他のプラグインはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました