55.有料プラグイン WAVES社のVocal Riderを使ってみよう♪ ~ボーカル処理~

これは、びっくりした。
これぞ有料プラグインって感じですね。
WAVES社のプラグインの中でも人気のプラグインの1つらしいです。

何がすごいか、見ていきましょう。

ダウンロードはこちら。

さて、見た目はこんな感じ。

まぁ、見た目はそんなすごい感じはないですね。
これ、何をしてくれるかと言うと、ボーカルの音量を調整してくれるんですね。
抑揚があるのはいいんだけど、あまりにも音量の上下が激しいのも困りもの。
ということで、あまり上下しないように自動で調整してくれます。

これ、ボーカロイドにも使用が可能です。

使い方。

音楽を再生すると、この黄色い部分に、ボーカルの音量が表示されます。
その音量の表示を見ながら、まぁ、このあたりを中心にしたいな、というところにスライダーを動かします。
元々の音量の真ん中あたりにするのが手っ取り早いでしょう。


左側の「Vocal」のつまみは、ボーカルの声を認識する際の感度。
まぁ、ボカロの場合は他に雑音も入らないから、あまり気にしなくてよし。

その横の「Fast」と「Slow」は、予想通り、音を認識してからの反応ですね。
これも、聴きながら良い方を選べばいいんですけど。


で、このRangeの部分のスライダー。
この上と下のスライダーは、これもだいたい想像できると思いますが、先ほど選んだ真ん中あたりに対して、
上はどこまで、下はどこまでの範囲かを決めるものです。
上はいいけど、下はこれよりは下げない、とかの設定ができます。

ここまで設定をしたら、後は歌声を流せば、真ん中のスライダーが勝手に音量を調整してくれます。

まぁ、これだけでも結構すごいなぁと思うんですが、さらにあと2つ、すごいことがあるんです。

まず、オートメーション。
オートメーションについては、ここにまとめていますので、こちらをどうぞ。

まず、準備。
オートメーショントラックをつくります。
つくり方は、上の記事ね。
「Rider Fader」を動かせるように設定。

で、黄色で囲んでいるところ、Vocal RiderのWRITEをクリック。
オートメーショントラックも「ライト」に設定。

そして、歌声を流すと・・・

そう、オートメーションを勝手に書いてくれるんですね。

これ、ミクさんの歌声なんですが、意外と音量が上下しているんですね。
ボカロって、そういうのは無関係かと思ってましたが・・・

ちなみに、このオートメーションは、手作業で調整可能です。

あと、オートメーションを書き終えたら、緑色のREADに変えます。
WRITEにしたままだと、手作業で調整しても、歌声を流したら、また上書きしてしまいますよ。

そして、もう1つの驚きが、サイドチェーン。

まず、準備として、ボーカル以外の全ての音が流れるバスチャンネルを作っておきます。
バスチャンネルについては、こちら。

で、Vocal Riderの上に「サイドチェーン」って部分があります。
これを、先ほど作ったバスチャンネルと連携させます。

サイドチェーンについては、こちら。

ちなみに、サイドチェーンは、ドラムの音が鳴っているときに音量を下げる仕組み、と書きましたが、それは正確にはダッキングと言うらしいです。

で、サイドチェーン=ダッキングではなく、サイドチェーンはあくまで、ある音をメインの接続とは別のところにも送ることらしいです。
Vocal Riderの場合、サイドチェーンで受け取ったボーカル以外の音の音量を認識して、ボーカルの音量をそれに合わせるんです!
そう、周りの音量が大きければボーカルも大きくなるんです。

試してみました。

他の音源の音のボリュームを上げて、先ほどのオートメーションを上書きしたものです。
白い線の右側は先ほどのオートメーションです。
白い線の左側は上書きされたもの。

明らかに音量を上げていますね。
周りの音量が上がったから、ボーカルの音量も上げようとしているわけです。

いや、もう恐ろしいですよ、これ。

さて、説明が終わったところで、実際に聴いてもらいましょう。
Vocal Riderなし。

Vocal Riderあり。

安物のイヤホンで聴いてたら、全然違いがわからなかったけど、ヘッドフォンで聴いたら、はっきり違いますね。
あぁ、このプラグインを確認するために、ミクさんに関しては他の全てのプラグインをOFFにしているので、
そもそも小さくなってますね。

ただ、ミクさんの声がはっきりと聴こえるようになりました。

うん、これは有料でもおかしくないですね。
すごいです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました