594.有料プラグイン UJAM社のBeatmaker Dope使ってみよう♪ ~ビートメーカー~

さて、どんどんいきましょう、ビートメーカー。
DopeはHipHopだそうです。

まぁ、ボクは、ヒップホップと言われてもよくわからないんだけど。
正直、どんなジャンル向けであろうと、音が気に入ればそれでよし♪

ちなみに、Beatmakerシリーズ全般の使い方はこちらで確認を。

ということで、Dopeです。

基本情報

ダウンロードはこちら。

見た目はこんな感じ。

わからない言葉などが出てきたら、こちらで確認を。

音の確認

いつものように、何はともあれ、音を確認していきましょう。

音が太いですねぇ。
HIPHOPはどうでもいいですが、この音は好きですねぇ。

そして、VOXがあるんですね、気づかなかったですけど。

珍しいので確認。

うーん、ボクの創る「ことのは/おといろ」では使いにくいかな・・・

Vinyl Drive

さすがに、色々なプラグインを紹介し続けた結果、Vinylが古っぽくすることと、Driveが歪みだということを覚えました。

このVinyl的なやつって、特殊効果的に行うのはわかるんですけど、常時こうするのを望む人っているんでしょうかねぇ。
まぁ、色々な音楽があるから、いるんでしょうかね。

Mix

Mixの真ん中にMixプリセットがあります。

Mixの左にあるAmountはBeatmaker共通でプリセットの設定を適用するかですね。

で、右側がプラグインによってInsensityかBeat Insensityかになるらしいですが、DopeはBeat Intensityになっています。
こちらはビートの激しさになっているようです。

DopeはMixの影響がものすごく大きいですね。
全く別の音源ぐらいになりますね。

Quantize

ここも種類によって、4種類あるみたいですが、DopeはQuantizeのようです。

ビートのタイミングをぴったりするか、ルーズにするか、ということですね。

うーん、思いのほか、変化は少なめですね。
よく考えたらBPMが速すぎるのか、と気づき、下げて確認してみましたが、やっぱり変化は少なめでした。

まとめ

HIPHOPと書いていましたが、どうもLofiに寄っていってるみたいです。
それがHIPHOPだ、ということなのかもしれませんけど・・・

ボクは、そっち系があまり好きではないのですが、Lofiさを出さなかったときの、音の太さは好きですね。
問題なく、使っていけそう(ボクの話ですよ、プラグインではなくです。

価格

【定価】
69ドル

【セール等の価格】※全てのセールを把握しているわけではないので、参考までに・・・
2023年12月 3799円(Media Integrationさん)
※500人購入するごとに1つプレゼント(最大4つまで。2024年1月4日終了)
2023年2月 34ドル(本家さま)
2024年5月 34ドル(本家さま)
2024年7月 UJAM製品を持っていたら23ドル(本家さま)

UJAM社の他のプラグインはこちら

コメント