593.有料プラグイン UJAM社のBeatmaker Circuits使ってみよう♪ ~ビートメーカー~

グループバイ、終了してしまいましたね。
結局、1つ買えば4つもらえるので、3つ買えば15こになったはずで、そうなると全種類バンドルと同じですよね。
3799×3で、11397円で全部手に入るって、全種類バンドルが299ドルなので、随分お得ですよね。
今は299ドルは、約44000円(2024年1月現在)!!なので、75%オフぐらいでしょうか。

単体で買えばもっとですから、ものすごいセールでしたよね

・・・終わっちゃったけど。

しかし、299ドルは30000円前後のイメージだったのに、すっかり変わってしまいましたね。

無駄な話はさておき、そんなわけで、ビートメーカーシリーズを紹介しましょう。
結局、ボクはいくつか持っていたのもあって、最終的に1つだけない状態です。

このビートメーカーは、ドラムループ集でも、MIDIパックでも、ドラム音源でもあります。
指一本でドラムループを流すこともできますし、MIDI出力もできますし、自分で打ち込みもできますので。

ということで、BERSERKです。
アナログドラムマシンだそうです。

ドラムキットじゃない方ですね。

ちなみに、Beatmakerシリーズ全般の使い方はこちらで確認を。

基本情報

ダウンロードはこちら。

見た目はこんな感じ。

わからない言葉などが出てきたら、こちらで確認を。

音の確認

まずは音の確認です。

あぁ、もう好きな感じでしかない。

本当のドラムキットの音もよいですが、ドラムマシンの音もいいですよね。

Boost+/Boost-

名前のとおり、ブースト関係ですねあ。
プラス側にすると、EQで低域と高域をブーストして、コンプもかかるみたいですね。
マイナス側は中域がブーストされます。

ボクはプラス側にしか動かさない気がしますね。

Mix

Mixの真ん中にMixプリセットがあります。

Mixの左にあるAmountはBeatmaker共通でプリセットの設定を適用するかですね。

で、右側がプラグインによってInsensityかBeat Insensityかになるらしいですが、CircuitsはBeat Intensityになっています。
こちらはビートの激しさになっているようです。

Swing

スウィング、跳ねですね。

跳ねって、最初のころ、意味がわからなかったですが、こうやってきくと、はっきりわかりますね。

まとめ

ドラムマシン、いいですよね。
生ドラムとは、また違った雰囲気で。

生ドラムとドラムマシンを混ぜて使うのもよいですよね。

音がいいので、ドラムマシンの打ち込みとしてでも、問題なく使えそうですね。

価格

【定価】
69ドル

【セール等の価格】※全てのセールを把握しているわけではないので、参考までに・・・
2023年12月 3799円(Media Integrationさん)
※500人購入するごとに1つプレゼント(最大4つまで。2024年1月4日終了)
2024年2月 20.9ドル(PLUGINBOUTIQUEさん)
2023年2月 34ドル(本家さま)

UJAM社の他のプラグインはこちら

コメント