97.『ボクたちはバカだったんだ』

97曲目。
・・・と言っても、1番しかないけど。

うーん、今回は、せっかくギターのコードをまとめたから、
試しにギターを使ってみただけ。

ということで、ギターでコードを入れて、
それに合わせてベースを入れてみて、
それに合わせてドラムを入れてみて、
ついでだからミクさんに歌わせてみた。

「ことのは/おといろ」を創るつもりがなかったから、
思いつくままに「ことのは」を綴っていった。
メロも「おといろ」に合わせて創っていた。

そして、そんな適当ながら、今回のメロは結構気に入っている。

というか、先に「おといろ」が入っている状態で、
メロをつけたことがなかったから、やってみて驚いた。

すごく創りやすい。

詞先、曲先というが、
コードから、というのがあることは知っていたけど、
今までやったことはなかった。

ボクは「ことのは」からスタートする。
そしてメロをつける。
そうすると、なんというか、全てメロで埋まってしまうんですよね。
そうじゃないときもあるんだけど、
だから、ボクの「ことのは/おといろ」は、息継ぎなしの場合もある。

ミクさんにしか歌えないやつ。

頭ではわかってるんですけどね。
メロのないところで、「おといろ」をつけて遊ぶというのも、
やろうとおもってるんだけど、メロ、なくならないんですよね(笑)

さて今回はギターを使ってみただけだったので、
「ことのは」も何もなしからスタート。
それも完全に一番前から順番に創っていった。

でも、意外といい「ことのは」になった気がする。

そして、2番へ進もうと思って、そのままの流れで間奏を創り始めたんだが、
なんか、完結しちゃってるなぁと思って。
ここに間奏を入れて2番にいくと、なんか悪化しそうで。

前から思ってるんだけど、ボクは1番のみを創るべきなのではないか、と。

それもありかなぁ、なんて思う。
あまり長々と書けないんですよね、「ことのは」が。

困ったものです。

ということで、1分程度の「ことのは/おといろ」となりました。
どうぞお楽しみください♪

『ボクたちはバカだったんだ』初音ミク オリジナル曲【SSS】

『ボクたちはバカだったんだ』

うたごえ:初音ミク
ことのは/おといろ:SSS

ボクらはこれまで何を学んだ
義務感だけでただ机にかじりつくだけで
意味も解らないまま詰め込んで
数字と記号と文字だけが埃のように積もっていく

それだけでこれからの人生が
保証されると教えられてきたから
ボクらは何も考えないまま
言われるがままに ただこなすだけの毎日で

いざ大人になってみたら
世の中は悲しみに溢れ
これが大人たちが創った
理想の世界だというのか

ボクたちはバカだったんだ
正しさとか理想だとかは
誰かが用意してくれるものなんかじゃないんだ

ボクたちはバカだったんだ
ボクたちの理想はボクたちが
今から全てをかけて創りあげていくんだ

ボクたちはバカだったんだ
何もか考えず目的意識も持たずに
無駄に時間を費やしてきたんだ

ボクたちはバカだったんだ
ボクたちはバカだったんだ
バカであることを知った今ならば
何かを残すことができますか

何かを残すことができますか

コメント

タイトルとURLをコピーしました