550.有料プラグイン Brainworx社のFriedman Buxom Bettyを使ってみよう♪ ~ギターアンプ~

Friedman、2つめ。
これもまた、有名なやつなんだろうなぁ。
ギターをやっている人からすれば、あぁ、あれね、と。

ボクはギターをやっていないので、これがどんなものか、わからないのですよねぇ。
とりあえず、ちょっと聴いた感じでは、ソフトな感じです。

基本情報

ダウンロードはこちら。

見た目はこんな感じ。

わからない言葉などが出てきたら、こちらで確認を。

Power・H/L・Volume

左が電源で、Volumeが音量で、一番右のHとLの切り替えは、HiとLowのようです。
ハイインプットとローインプット。

電源を入れてびっくりしたんだけど、ギャンギャンいわないのね(笑)
そういうのもあるんですね・・・まぁ、あるんでしょうけど。

Volumeを上げるとだんだん歪んでいきます。
で、インプットはHの方がLよりも歪みます。

つまり、歪ませたい場合は、Hにして、Volumeを上げる感じで。

Presence・Bass・Middle・Treble

超高音、低音、中音、高音です。
FRIEDMANはどうしても、Presenceを左に置きたいみたいですね。

そして、文字の書体が読みづらい・・・

うん、いいですねぇ。
歪み系のアンプばっかり聴いていたので、こういうのはこういうので良いですよね。

Bright

右、真ん中、左の3種類あります。
HでもLでも効果があります。

FX Rack

はい、FX Rackです。
アンプの上部分か上のFX Rackをクリックすると、開きます。

NOISE GATE・AMP FILTERS

ノイズゲートは、ノイズのカットですね。
実際に弾く人には必要ですが、打ち込みの場合は、いらないでしょうね。

フィルターの方は、TIGHTがハイパス、SMOOTHがローパスと考えればよいですね。
PREはアンプに入る前にフィルターをかける、POSTはアンプに出た後にフィルターをかける。
OFFはバイパスですね。

REC.CHAIN

レコーディングチェーンで、マイクの種類、マイクプリアンプとか、EQとかのセットらしいですが、まぁ、プリセットと考えればよいかと。
AUTOというボタンを押すと、自動的に、順次変更してくれます。
1 BARとなっているので、1小節ごとに変更してくれます。
2 BARにすれば、2小節ごと、ってことですね。

RC OFFで切ることができます。

LO-FI DELAY

ディレイですね。
まぁ、特に説明が必要のない感じのディレイ。

INPUT GAIN・BYPASS PRE・BYPASS POWER AMP・POWER SOAK

プリアンプのインプットゲイン。

BYPASS PREは、プリアンプのバイパス。
BYPASS POWER AMPは、パワーアンプのバイパス。

POWER SOAKは、OUTPUTと考えたらよかなぁ、と思います。

まとめ

クリーンな音で良いですね。
エレキギターの歪み感もいいですが、ずっとそんなのを聴いていたら、こういう音も聴きたくなりますよね(笑)

そして、これだけクリーンだと、ディレイの音も聴きとりやすくてよいですね。
歪んでいると、やや、わかりにくいんですよね。

価格

【定価】
149ドル

【セール等の価格】※全てのセールを把握しているわけではないので、参考までに・・・
2023年10月 21.45ドル(PLUGINBOUTIQUEさん)
2024年2月 19.99ドル(Plugin Allianceさん)
2024年6月 29.99ドル(PluginAllianceさん)

Brainworx社の他のプラグインはこちら

コメント