204.有料プラグイン WAVES社のEnigmaを使ってみよう♪ ~ノッチフィルター~

変態的エフェクター。
Enigma自体が「謎」という意味らしいので、そりゃ、変態的な感じになりますよね。
一応、分類としてはフィルターでしょう。

フィルターの中でもノッチフィルターです。
モジュレーターで動かしているので、まぁ、なんと言うか・・・変態的です。

基本情報

ダウンロードはこちら。

見た目はこんな感じ。

わからない言葉などが出てきたら、こちらで確認を。

フィルターの設定

まず、フィルターの設定部分。

ノッチフィルターなので、特定の周波数の音をカットします。
左の数字が、谷の数になります。
φを押すと、フィルターの形を上下反転します。

Depthで、フィルターの深さ。
下の、Freq、xFactorは低音部、高音部の深さの調整になります。

 

モジュレーション・ステレオ

これだけだと、まぁ、別に、変態的ではないのですが、ここにモジュレーションが加わります。

Modulationの下の▶で動きます。
Waveform、モジュレーションの動き方はTriangle、Sine、SQUARE、Saw-Down、Saw-Upの5種類。
速さは、SyncをAutoにしている時は、DAWのBPMの1/4小節の速度が基準となり、×1.00、×0.25などで設定。
SyncをManualにすると、RateかBPMで自由に設定できます。

Min freqとMax freqはモジュレーションで動く周波数の範囲を設定。

左側のStereoは広がりです。

一気に、ピアノの白玉がヘンなことになりますね。

Feedbackでリバーブやディレイ的な効果がでるのですが、あまりリバーブやディレイ感がないので、正直よくわかりません。
これまた、影響する部分を設定できます。
もう、音を聴いて、好きな部分を探すしかありません。

Output関係

はい、最後です。

ここはGainは音量、MixはDry/Wetの割合、Pre-DrlayはDryに対してWetが鳴り始めるまでの時間、Wetはステレオとモノラル、モノラル+位相反転。

はい、ボクもやっていてわかりましたが、設定次第で色んな音が出てきますね。
しかも、狙ってできない・・・

ガチャ的なやつですね。
何が出るかな?

価格

【定価】
79ドル

【セール等の価格】※全てのセールを把握しているわけではないので、参考までに・・・

2021年11月 24.99ドル
2022年2月 29.99ドル

WAVES社の他のプラグインはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました