179.有料プラグイン soundspot社のRAVAGE LITEを使ってみよう♪ ~ディストーション~

ディストーションのプラグイン。
LITEとあるように、RAVAGEというプラグインの簡易版。
簡易版ではあるのですが、なかなかの高性能。
そして、簡易版であるがためにシンプルで良いですね。

ダウンロードはこちら。

見た目はこんな感じ。

真ん中がDRIVE。歪みの量。

上が音量。
歪みが増えると、音量が上がる。
音量が上がった分を、元に戻すために、下げます。

下がオーバーサンプリング。
×1、×2、×4、×8、×16。
これは後で少しやりましょう。

まずは、マスターにかけてみましょう。

少しドライブを上げるだけで随分と変わりますね。

各トラックにかけてみましょう。
DRIVEを100にして、音量はできるだけ変わらないように調整しています。

と、まぁ、歪みではあるのですが、明るさも出るんですよね。
音にも変化が出ます。
面白いですよねぇ。

さて、オーバーサンプリングとやらが、よくわからない。
数字を上げると、サンプリング周波数が上がるらしく、音質が良くなる、とのこと。
まぁ、正直よくわからなかったので、シンプルな音にしたら、たしかに変化がありました。

シンプルな音と言えば、サイン波。
EQで見ると、面白いように違いがわかりました。

×1のとき、やや雑音的な音が入っています。
×2にすると、100Hz、300Hzぐらい、600Hzぐらい、800Hzぐらいがなくなりましたよね。
あれが雑音っぽい音の正体みたいですね。

×4にすると、450Hzぐらい?が消えました。
×8、×16は変化がないみたいなので、そこまでしなくてよい感じですね。
数字が大きくなるほどCPU消費も大きくなるようです。

面白いから、後半はDRIVEを動かしてみた。
歪みって、倍音なの?
明らかに倍音が増えてますよね。
うーん、奥が深い。

【定価】
79ドル

【セール等の価格】※全てのセールを把握しているわけではないので、参考までに・・・
2021年11月 5ドル

コメント

タイトルとURLをコピーしました