31.有料プラグイン WAVES社のS1 Imager Stereoを使ってみよう♪ ~音の広がり~

前回、Ozone Imager V2を紹介した。

S1 Imager Stereoも同じ役割を果たします。

基本情報

ダウンロードはこちら

見た目はこんな感じ。

わからない言葉などが出てきたら、こちらで確認を。

音の確認

こちらは有料プラグイン。

Ozone Imager V2と同じように、通常、広げる、狭めるで聴いてみましょう。

まぁ、どうなんだろうなぁ、同じようなものかな。

ちなみに、Ozone Imager V2の場合がこちら。

うーん、違うか?
違わないよなぁ。

じゃぁ、無料でいいじゃないか。
というのも、1つの結論。

ASymmetry・Rotation

ただ、S1 Imager Stereoにしかできない機能もある。
それが、AsymmetryとRotation。

Asymmetryを動かすとどうなるか。
この画像を見た方がわかりやすいかもしれない。

つまり、音の広げ方を、右の方が強く、とか、左の方が強く、とできるわけですね。
0、-45、-85、45、85、0と聴いてみましょう。
最大限に広げた状態です。

随分と変わりますね。

Rotationの方が、パンみたいなもののようです。
最大限広げた状態で、0、-45、45で聴いてみましょう。

広がり方は同じだけど、そもそもの音源の場所が変わるので、左右で聴こえ方が変わりますね。

主な使い方としてはこんな感じでしょうか。

ということで、無料で十分か、有料が必要か。
必要十分条件みたいですね。

価格

【定価】
129ドル

【セール等の価格】※全てのセールを把握しているわけではないので、参考までに・・・
2021年11月 24.99ドル
2022年3月 29.99ドル

WAVES社の他のプラグインはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました