31.有料プラグイン WAVES社のS1 Imager Stereoを使ってみよう♪ ~音の広がり~

前回、Ozone Imager V2を紹介した。

S1 Imager Stereoも同じ役割を果たします。

ダウンロードはこちら

こちらは有料プラグイン。

Ozone Imager V2と同じように、通常、広げる、狭めるで聴いてみましょう。

まぁ、どうなんだろうなぁ、同じようなものかな。

ちなみに、Ozone Imager V2の場合がこちら。

うーん、違うか?
違わないよなぁ。

じゃぁ、無料でいいじゃないか。
というのも、1つの結論。

ただ、S1 Imager Stereoにしかできない機能もある。
それが、AsymmetryとRotation。

Asymmetryを動かすとどうなるか。
この画像を見た方がわかりやすいかもしれない。

つまり、音の広げ方を、右の方が強く、とか、左の方が強く、とできるわけですね。
0、-45、-85、45、85、0と聴いてみましょう。
最大限に広げた状態です。

随分と変わりますね。

Rotationの方が、パンみたいなもののようです。
最大限広げた状態で、0、-45、45で聴いてみましょう。

広がり方は同じだけど、そもそもの音源の場所が変わるので、左右で聴こえ方が変わりますね。

主な使い方としてはこんな感じでしょうか。

ということで、無料で十分か、有料が必要か。
必要十分条件みたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました