2つ目の透過ディスプレイ~普通のモニターは透過ディスプレイに向かない(その後、多少改善した。そして完成形)~

色々忙しくて、ブログの更新ができていなかった。

さて、色々忙しかったのだが、色々忙しいくせに、透過ディスプレイをつくっていた。
というのも、モニターが余ってしまったんですよね。

ずっと余らせておいても仕方がないので、透過ディスプレイにした。

いつも思うんだが、何となく普段使っているのはモニターと呼ぶんだが、透過ディスプレイだけは透過モニターと呼ばない。
なんでなんでしょうね。
別に透過モニターと呼んではいけないというわけではないですが、ネットで調べても、透過モニターより透過ディスプレイの方が使われているようです。

まぁ、それは、どうでもよいとして・・・

透過ディスプレイとは、こんなやつ。

前に紹介しました。

モニターというものは、基本的に一番後ろに白い紙のようなシートがあるんですね。
他にもいろいろな役割をするフィルターがたくさんあるんです。

で、それらのフィルターを全て取っ払ってしまうと、パネル自体は透明なわけで。

前回つくった透過ディスプレイは、7インチの小さなやつでした。
Amazonとかで、「ラズベリーパイ 7インチ」とかで検索したら、基盤とセットのものが出てきたりします。

で、とにかくつながっている線を切らないように、枠を外して、パネルのみを取り出しさえすれば完成なわけです。

ただ、パネルのみにすると、透明なだけあって、端的に言えば、何が映っているのかわかりづらいんです。
まぁ、そのために、モニターは白いシートがついているんです。

そう、背景が白いからよく見えるわけです。
が、その白いシートがあるから透過にはならない。

また、明るさがないと、これまたあまりよく見えない。

ということで、透過ディスプレイの後ろに白色LEDのファンをつけたり、白色LEDテープを周辺に貼ったりして、光の量をマシマシにして非常にクリアに見える上に透けるという、なかなか良き感じのものができたわけです。

で、今回、余ったモニターを使って、大きい透過ディスプレイをつくって、パソコンのサイドにつけてしまおう、と。

さて、結論から言うと、普通のモニターは透過ディスプレイに向いていない、ということ。

7インチのものと同じように、剥いていったわけです。
で、最終的にパネルを取り出して気づいたんですが、パネルが黒い。
7インチのやつは、パネルが無色透明だったんですが、普通のモニターは、黒色透明でした。

そして、パソコンのサイドパネルにつけるということは、パソコン内部が背景になるわけです。
パソコンの背景全てを、白色のLEDで照らすというのは、なかなか無理があるわけです。

そして、パソコンの内部って、黒がメインなんですよね。
もちろん、これらを、全て白くすれば、また違うのかもしれませんが、そこまでは頑張れる気がしない。

あと、モニターが非光沢だったんですよね。
これまた、透過ディスプレイとしては見にくい。
すりガラス的な感じなんですね。

ということで、スマホとかに貼るような感じの、保護フィルムを貼ってみる。
これは、非常によかった。
保護フィルムを貼るだけで、非光沢のディスプレイが、きれいに透明になった。

すりガラスにセロハンテープを貼ったら向こうが見えるようになる、みたいな効果ですね。

問題は、どうやっても空気が抜けない点だろうか・・・

LEDテープも追加してみる。
が、やはり、どうがんばっても光の量が足りない。

もう、LEDテープを大量に張り付けてやろうかと思わなくもないが、そうすると、たぶん、透過して見えるのが、全てLEDテープになるだけだし。
サイドパネル一面に、ファンを取り付けるスペースもないしねぇ。

透けてはいるので、透過ディスプレイではあるのだが、うーん・・・

まぁ、表示しているものにもよるんだけども。
白系のものであれば、きれいに見える。

ボクは、動画を流していたりするので、動画の内容によって、黒系だったりするので、それがなぁ。

ボクの動画のタイトル画面は、白っぽいので結構クリアに見える。

うーん・・・

まぁ、なんというか、7インチのやつが、ものすごくきれいだっただけに、不満が残る。
特に、パソコンの黒い部分に、暗い映像が重なった場合、黒くて見えない状態になるんですよね。
背後にファンとかがあると、きれいに映るんだけど、この、きれいに映ったり、見えなかったりが混在しているのって、結構ストレスなもんですね。

そして、映っていない部分には、がっつりと基盤が丸見え状態で存在している。

これまた、もっとうまくできればよいのだろうが、なかなか難しい。

そもそも、サイドパネルよりも透過ディスプレイの方が横長という点からして、無理があるんだよね。

たぶん、白系でイラストでも描いて、それをスライドショーのように流しているのが、一番きれいな使い方だと思うんですよね。
と、書きながら、ボクの横では、ずっと暗っぽい動画が流れ続けているんですけどね。

ということで、

・白系(明るい系)のものしか写さない
・パソコンの内面を限りなく白くする
・光量をできるだけ確保する

という条件を満たせるのであれば、普通のモニタでも、透過ディスプレイにできますね。

あぁ、使わなくなったり、使えなくなったモニターを見ると、とりあえず剥いてみる癖があるボクのこれまでの経験によると、

・非光沢は透過ディスプレイには向いていない
・TNパネルは、液晶パネルよりも黒いので透過ディスプレイには向いていない
・画面が小さいモニターや安物のモニターは、基盤とモニターをつなぐ部分が簡素なつくりになっていて、すぐに切れてしまうから、透過ディスプレイを作りにくい

という感じです。
まぁ、そうは言っても、そんな大量に試しているわけじゃないので、ボクが剥いたものがそうだっただけかもしれないですが。

今回のはDELLの19.5インチのやつでした。

透過ディスプレイづくりの専門家の方(専門家なんていないだろうが・・・)で、間違っている部分があれば、教えていただければ幸いです。
また、透過ディスプレイにするモニターなら、これが一番良いというのも、教えていただけると嬉しいです。

ということで、やや不満の残る透過ディスプレイづくりでした。

(追記)
その後、色々改善した結果、随分ましになった。
やったことが2つ。

1つが、

モニターの一番後ろについていたアクリル板を液晶パネルの裏につけた

こと。
よくよく観察すると、アクリル板だと思っていたら、うっすらと白色が入っている。

やっぱり、何でもよくできているもんですね。
透明感はそのままに、でも、うっすら入った白色により、映像が見えやすくなった。

もう1つは、

これまたモニターに挟まっていた数種類のシートのうち、白の強めのシートを切って、パソコン内部に貼りまくる

という作業。

上にも書いたけど、モニターのパーツは黒ばっかり。

液晶パネルに白のシートをくっつけると、当然透過しなくなりますが、パソコンパーツに白のシートを貼る分には、透過には影響しない。
曲面に貼るのは難しいが、平面部分にとにかく大きさを合わせて切って、貼りまくる。

この2つで、映像が随分クリアになった。

最終的に、

PC内部のLEDを白にする

と、完璧なんだろうけど、そこは、したくないから、多少暗くなるけどあきらめるか。

あとは、剥きだしの基盤ですね。
これについては、簡単な解決方法がある。

透過ディスプレイ以外の部分を、黒のアクリル板でふさいでしまう

だけ。
サイドパネルが透過ディスプレイの範囲しか見えなくなることを可とするかどうかですけど。

まぁ、ボクのPCの場合、ディスプレイの範囲外にあるのは、電源とファンの半分ぐらいでしょうか。
うーん、どうしようかなぁ。

(追記その2)
最終的に、Amazonで、極細白色LEDテープを見つけたので、モニターの一番後ろについていたアクリル板の周囲にLEDテープをぐるりと貼り付けることで、くっきり見えるようになった。
やや残念な点は、LEDま貼り付けることにより、アクリル板のうっすら白が、結構白く見えるようになったこと。

基本的に、透過ディスプレイの場合、白は完全に透明になるんですよね。
で、真っ白の画面を写した場合、透過してはいるんだが、白になるんですね。

これを透過と呼んでよいのか・・・

もちろん、透過しているので、透過ディスプレイと呼んでよいのだろうが、うん、まぁ、難しいところですね。

ただ、何もない、普通のアクリル板でも試したが、普通のアクリル板だと、やはりそこまでの明るさが実現しないんですね。
そこは、やはり白がうっすら入っているのは、よくできた工夫なんだろうねぇ。

まぁ、映っているのか、映っていないのか、微妙な感じの場合のストレスがないわけでもないので、やはり、そこは妥協すべきか。

あと、極細白色LEDは、思いのほか明るかったので、黒色絶縁テープ(・・・まぁ、端的に言えばビニールテープですね)で、LEDテープを貼り付ける&光を漏らさないようにしました。

しかし、やっぱり液晶パネルが黒い。
うーん、黒い。

まぁ、ひとまずは完成ということで。

そういえば、基盤は今もむき出しのままです。

ということで、ボクのPCは全面とサイドに透過ディスプレイがある状態になりました。
果たして、これはPCなのか、モニターなのか。

(さらに追記)
最終的に、モニターの枠を活用して、枠にLEDテープを貼り付けることで、かなりクリアになったので、シートは無しにした。

それにより完全透過になった。

枠を使うことで、サイドパネルのアクリル板からLEDライトまでの距離が少しできたことにより、アクリル板が全体的に明るくなったようだ。

見た目は不細工だが、透過ディスプレイとしては、良き感じになった。

やはり、普通のモニターを透過ディスプレイにすると、画面が大きすぎて、なかなか光量の確保が難しいですね。

パソコン内部を全部白色LEDにすれば完璧っぽい。
ただ、そこはどうしてもしたくないんですよねぇ。

これで、透過ディスプレイを入れると、モニター6台になってしまったなぁ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました