42.有料プラグイン iZOTOPE社のOzone9を使ってみよう♪〜音圧〜

音圧について書いてきましたが、今回で今のところは一区切り。
今回のプラグインはOzone9。

これまた超有名です。
そして、これはマキシマイザーではないです。
音圧にも関係するので、紹介します。

さっそく見ていきたいのですが、先に簡単に紹介しておくと、
AIがマスタリングを勝手にしてくれるプラグインです。
だから、音圧だけの話ではないです。

ダウンロードはこちら。

見た目はこんな感じ。

ちなみに、Ozone9はやや重いです。
まぁ、性能がすごいから、しょうがないんですが。

で、この黄色で囲っている「Master Assistant」をクリック。
すると、こんな画面に変わる。


ここから選択していくんですけど、

ModemかVintage。
まぁ、字の通りですね。
Vintageを選ぶと、ビンテージなエフェクターを使ってマスタリングをしてくれる。

ManualかReference。
これは、後で説明するとして、Manualを選んでおく。
Intensityは、音圧です。
せっかくなので、Highを選んでみましょう。

StreamingかCD。
CDを選んだ方が、音圧は上げられるらしいですが、
ネットで曲をUPする場合は、自動的に音量を調整されるらしいです。

ラウドネスペナルティというらしいんですけど、よくわかりませんね。

このページで、どれぐらい下げられるか調べられるらしいです。

まぁ、そんなわけで、ネットにUPするのに適したマスタリングをしてくれるのが、Streamingの方です。

このブログは直接UPしてるので、たぶん下げられないと思うので、CDを選んでみましょう。
で、Nextを押すと、こんな画面になります。

ここで、曲を再生すると、分析してくれます。
ちなみに、1曲全て聴かせる必要がないので、サビを再生するのが一番いいんじゃないかと思います。
分析が終わったら、こうなります。

で、Acceptをクリック。


で、こうなります。

上に色々でてきますが、EQ、ダイナミックEQ、マキシマイザーが設定されていますね。
ダイナミクスは青くなってないので、かかってないようです。
ということで、これを勝手に設定してくれるんですね。

すごいですよね。
で、できあがったのがこちら。
最初がオゾンなし、後がオゾンあり。

ちなみに視覚的にはこちら。

前がなし、後ろがあり、ですね。

なんかAIってすごいね。
音圧ももちろん、それ以外の部分も色々調節してくれる。

ちなみに、先ほど飛ばしたReference。
これは、音源ファイルを選ぶと、それと同じようなマスタリングをしてくれるらしい。
あの人のあの曲みたいなマスタリングをよろしくね、みたいな。

使ったことないけど、とりあえず、適当に曲を聴かせてみようか。
前の分がマニュアルで、後がリファレンスで。

うーん、割れてる。

適当に何曲か聴かせたけど、ほぼ全て割れてる。
聴かせた曲が悪かったのでしょうか・・・

まぁ、この機能はボクは元々使うつもりはなかったからいいけど。

ちなみに、AIがやってくれた設定は、後から自分で調整できます。
だから、完全に任すのも良し、とりあえず任せてから自分で調整するのも良し。
AIに任せたら面白くないから、これは導入しないというのも良し。

あと、AIに任すのもよいですが、AIが使っているエフェクターは、
個別でも使えるようになっているので、AIには任せないけど、
Ozone9に入っているエフェクターを使うという方法もあります。

ただ、こだわらないならば、AIに任せてしまうというのも、
時間の短縮になってよいでしょうね。
上達はしなくなるでしょうけど・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました