41.『ボクとキミの運命』

曲先、2曲目。
驚くほど、覚えがない。

これは、たしかに曲先かもしれない。
たぶん、普通に創ったら、このメロにはならんだろうなぁ。

で、「ことのは」は・・・
ちょっと待ってね、「ことのは」読むので。

んー
・・・
・・・
・・・
これは、悪ふざけだな。

そう、思い出してきた。
曲先を4曲ほどやってわかったこと。

「ことのは」が壊滅的になるんだ。
というか、「メロ」に合わせてやってると、
「ことのは」が、自分でもわかんない方向にいっちゃうんだよなぁ。

まぁ、ボクの「ことのは/おといろ」は、
「ことのは」と「おといろ」が合っていないものがたくさんあるから、
いいんだけど。

これも、きっとこんな「ことのは」をつけるつもりで
メロを創ったわけじゃないんだけど、
メロの音数に合わせて、思い付く言葉を当てていくと、
こうなっちゃうんだよね。

メロを何度も聴いて、それに合う言葉を探すと、
ヘンな言葉が合っちゃう。
そして、ヘンな言葉が合っちゃうと、
それ以外に聞こえなくなっちゃう。

迷走するんですよ。

慣れないからかなぁと思ったんだけど、
4曲やって、無理だ、となった。

だから、曲先でやっている人はすごいなぁ、と。

けど、曲先の人はよく歌詞が大変と言っているのを聞く。
きっとボクの逆なんだろうなぁ。

曲先の人は、音楽が好きなんだと思う。
好きな音楽があって、とりあえずそこに熱中する。
で、歌詞は、ある意味、仕方なくつけてる。

ボクの場合は、好きな「ことのは」があって、
ある意味、仕方なく「おといろ」をつけてる。

じゃあ、曲じゃなく、詩を書けばいいんじゃないか、という話なんだが、
仕方なくという面もあるが、やっぱり曲にする方が楽しいんだな。

ボクが詩を書くと、ダラダラ書いてしまうだろうから。

仕方なく、にせよ、きっと曲先の人も詞先の人も、
楽しんでいるのだけは、はっきりしているけどね♪

『ボクとキミの運命(テスト作品)』初音ミク オリジナル曲【SSS】

『ボクとキミの運命』

Vocals by 初音ミク
ことのは/おといろ:SSS

キミの横顔 眺め
ボクは確信したんだ
物語の中の 都合の良い展開のような
出来事が起きるんだ

きっとそうに違いない
まだボクしか知らない
キミもまだ 気づいていない

キミとボクとが同じ時に生き
同じ場所に存在するこの事実を
ヒトは奇跡と呼ぶのか
ただの偶然と片付けるのか

例え誰が何と名付けても
ボクはこれが運命と知ってる
だからこの時間は 
いつまでも
ずっと
ずっと
ずっと
ずっと
続くはずだから

キミはボクの宝物なんだから
大切にするよ
キミは幸せになれる

ボクたちの真実を
教えてあげただけなのに
そんな目で見ないで~~~~

タイトルとURLをコピーしました