469.有料プラグイン Black Rooster Audio社のEdelweiss’72を使ってみよう♪ ~チャンネルストリップ~

Black Rooster Audioのチャンネルストリップ。
まぁ、見て、すぐに使えるタイプです。

基本情報

ダウンロードはこちら。

見た目はこんな感じ。

わからない言葉などが出てきたら、こちらで確認を。

EXPANDER

ノイズなどのいらない小さな音をこいつでカット。
ボクは、基本、楽器とかを使わないので、ほぼ必要ないやつ。

とはいえ、確認してみないと、どんな感じ(かかり具合)かわからないので、Threshをぐっと上げて、確認してみましょう。

こんな感じですね。
もちろん、こんな使い方をするためのものではないですけどね。

EQ

地味にリニアフェイズEQ。
リニアフェイズというのは、位相が変わらない、ということです。
ただし、CPU負荷が倍ぐらいになります。

LIN.PHASEというところを、オフにすると、普通のEQになります。

そして、LとRを別に設定したり、MとSを別に設定できたりする。

LINKがオンになっていると、LとR(MとS)のつまみが同時に動きます。
LINKを切って、片方を動かしてからLINKをオンにすると、その差を保ったまま、同期します。

ただし、周波数の設定はできない感じです。

INVERTは位相の反転。

周波数ごとにEQのバイパスができたり、SOLOで確認もできます。

COMPRESSOR

コンプレッサーです。
スレッショルド、レシオ、アタック、リリース、ゲイン、と、一般的なコンプですね。

あぁ、AUTO GAINもついていますね。

LIMITER

リミッターですね。

Ceilで設定した音量より上がらないようになっています。
スレッショルドはないですので、Gainがスレッショルドの代わりになりますね。

Releaseはリリース。
MakeUpが、最終的なゲインになります。

まとめ

よき感じですね。

わかりやすくて良いですし、音も良いし。

価格

【定価】
79ドル

【セール等の価格】※全てのセールを把握しているわけではないので、参考までに・・・
2023年7月 19ドル
2023年10月 20.9ドル(PLUGINBOUTIQUEさん)
2023年11月 29ドル(本家さま)

Brack Rooster Audio社の他のプラグインはこちら

コメント