235.むかしむかしアウフタクトにシンコペーションがありました 〜アウフタクトとシンコペーション〜

アウフタクトとかシンコペーションを使うことで、曲の雰囲気が変わるとか。
で、アウフタクトとかシンコペーションって何だよ。

そもそも、リズムに強迫と弱拍というのがあるらしい。
4拍子の場合、強・弱・弱・弱、3拍子だと強・弱・弱だそうで。

4拍子は強・弱・中・弱らしいですけど、まぁ、細かいことはいいや。

アウフタクトは強迫以外から始まることを言うらしい。
ってことは、一拍目以外から始まればアウフタクトですかね。

弱拍と強迫をつなげて、弱拍を強迫的にするのがシンコペーションみたいです。
4拍子だと、例えば、4拍目を次の1拍目まで伸ばすこと。

はい、よくわかんない。

まぁ、アウフタクトだろうとシンコペーションだろうと、何となくすると1拍目から始めてしまうけど、それを変えてみよう、みたいな話だ。
はいはい、ずらせばよいんでしょ。

「何もない日々」という歌詞を使って実際にやってみる。

後ろにずらしてみる

前にずらしてみる

何でもずらせばよいという話ではない。

後ろにずらして、「何も」の「な」を調整して「に」を3拍目(中)にそろえてみる。

前にずらして、「何も」の「な」を調整して「に」を1拍目(強)にそろえてみる。

面白いですね。
こうやって、確認してみると、強迫、弱拍というのが、決まりではなくて、感覚のものだとわかりますね。

後ろにずらして、「何も」の「な」を3拍目(中)までのばしてしまう。

前にずらして「何も」の「な」を1拍目(強)までのばししまう。

↑ これらがシンコペーションでよいのかな?

後ろにずらして、「何も」の「な」を3拍目(中)までのばしてから、「な」を短く切ってみる。

前にずらして「何も」の「な」を1拍目(強)までのばしてから、「な」を短く切ってみる。

はい、色々できるものです。
徹底的にやってやろうかと思ったのですが、「な」をずらした後の「に」の位置も長さも、「も」の位置も長さも、他の位置も長さも無限にありますよね。

とりあえず、メロディをつくってからずらす場合は、ただずらすのではなくて、ずらした後の強迫(中)を意識したら良いっぽいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました