あなたって何処にでも位相なタイプで、つまらないのよね~DTMにとって大事な位相の話~

位相って、何度か聞いたことがあるんですよね。
で、プラグインのことをまとめているときに、また位相の設定のボタンなんかが出てきて思い出したので、改めて調べてみた。

とりあえず、キックとスネアの音を流すので、聴いてみてください。

次はキックとベース。

さて、気づかれたでしょうか。
何も気づかなかったという場合は、キックは無視して、スネアとベースに注目、もう一度、聴いてみてください。

さて、気づきましたか。
スネア、ベースの音が変わっています。
これが位相問題です。

音というのは、波でできています。
改めて言われなくても、知ってるわ、と思われますよね。

これが先ほどのベースの音をStudio Oneで拡大表示したものです。

もう一つ、同じベースの音を拡大表示したもの。

2つを見比べてみてください。
違いがわかりますよね。

同じ波形をしているのですが、上下が反転しています。

これは、Ozone9やNeutron3についていたRelayというプラグインで、位相を反転させました。

気になったので調べてみたら、Studio Oneの場合は、MixtoolというStudio One付属のプラグインで反転できるようです。

Mixtoolは、ステレオ音源だと、Left、Rightのそれぞれで反転できるようです。
ちなみに、そのまま、両方反転、左だけ反転、右だけ反転でどうかわるか、試してみました。

音が波ということは、単体では影響はないが、複数の音が重なると、波が干渉しあって、音に影響が出てくる、ということです。

もう一つ確かめてみましょう。

曲の音源を用意して、そのままのものが上の青、位相を反転したものが下の赤です。
何となくわかるかと思いますが、聴いてみましょう。

青だけを流した場合、赤だけを流した場合は、問題ないです。
はっきり言って、何の違いもわかりません。

が、青、赤の両方を流した場合、全く音が聞こえなくなります。
つまり、上下反転した波が、お互いの音を打ち消してしまうわけです。
音が出ていないわけではないので、音量のメーターは動いていますね。

何となくわかっていましたが、実際にやってみると、ちょっと感動しますね。

ちなみに、パンを右と左にふると、また聴こえてきます。

ということで、音が重なっている場合、位相を反転することで、音が元より、よく聴こえるようになる場合もあったりするのです。
状況によっては、位相が合わなくって、違和感や気持ち悪い感じになる場合もあるのだとか。

ボクは素人で、どうすれば良い曲が創れるのかってことで悩んでいる状態なので、こんな細かいことまで気にできないのですが、突き詰めると、きっと非常に重要な問題なのだと思います。
いつか、位相のこととか気にできるぐらいになりたいものだなぁ。

この位相を自動で調整してくれるプラグインもあります。
試してみるのも良いのでは。

そして、別のプラグインについて調べていて知ったのだが、位相のずれを利用することで音の広がりが出たりするようです。
ステレオイメージャーや、フェイザーなども、位相のずれを利用しているとか。
・・・位相、奥が深い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました